たんぱく質ダイエット

運動無しでもダイエットに本気でやせたいなら食事管理の勉強がおすすめ

 

本気でダイエットしたいけど仕事や家事で忙しいし、運動はしたくない!

そんなふうに考えているあなた!正解です!

「ダイエットに運動は必要ありません!」

 

ダイエットといえばまず運動が必要で、ジムや公園などでのランニングやウォーキングをイメージする人が多いですが「体重を減らすための努力の方向性」を間違ってはいけません。

体重の変化に影響を及ぼす要因の9割は運動では無く「食事」です。

この記事ではダイエットにおける運動の非効率性と食事管理について説明します。

 

「痩せるためにランニング」は非効率的な行動

 

ダイエットといえば、食事を減らして、さらにカロリーを多く消費するランニングなどのハード目な運動をしなければならない。と考えている人は未だに大勢います。

しかし、はっきり言ってダイエットのために有酸素運動でカロリー消費して脂肪を燃焼させて減らそうとする行為は非効率的です。

理由は2つあります。

運動で消費するカロリーは意外と少ない?

ランニングでどのくらいのカロリーを消費するのか知っていますか?

実際の速度などで変化はありますが、女性がだいたい30分走って200kcal弱ほどです。

ウォーキングだと大体半分の100kcalほど。

一生懸命30分間も走り続けてもおにぎり1個分です。

このランニングを週に頑張って3回やったとしても600kcal、やっと1食分ほどのカロリーが消費されます。

忙しい中ジムまで移動して着替えて走って、シャワーを浴びてまた着替えて帰る…。

その努力の割に消費されるカロリーは全然低いと思いませんか?

カロリーを消費すると単純にお腹が空いて食べたくなる

そして、運動の罠はその後にあります。

あなたも体験したことがあると思いますが、頑張って運動した後って絶対にお腹が空きますよね?

そうです。運動して痩せるためにはお腹が空いても食べる事をガマンしなければならないのです。

これが運動だけでは絶対に痩せられないと考える理由です。

ただでさえ、食事を減らして血糖値が低い状態を続けるツラいダイエットの中で、運動するのは精神的にも逆効果とも言えるほどだと思います。

【本気でダイエットするならプールでカロリー消費量を稼ぐのは効果的?】

 

ダイエットは運動1割、食事9割

 

運動だけで痩せようと考えるのは絶対に辞めましょう。

「ダイエットに必要なのは運動が1割、食事が9割」です。

 

よっぽど運動が好きで、走らないと気持ち悪い。といった人以外は基本的に「食事を改善」することでダイエットを成功させる方法を考えましょう。

いくらカロリー消費量が多いプロのサッカー選手でも、試合前の減量期などでは徹底した食事管理を行って体重を落としていきます。

どれだけ身体を動かしている人達でも好きなものを好きなだけ食べながら痩せるなんて事は不可能なんです。

プロスポーツ選手でも痩せられない方法を一般人の私たちがやっても痩せるわけはありませんね笑

まずはそこを理解しましょう。

 

PFCバランスを考えた食事管理を勉強しよう

 

では実際に食事で痩せるために、何をどのくらい食べればいいのでしょうか?

あまり知識が無い人がダイエットを始めると、いきなり夜ご飯を抜いたり「炭水化物ダイエットだ!」といって糖質を含む食べ物を一切口にしないようにしたり、「ヘルシーだから」という単純なイメージで野菜メインの食事に変えたりと、間違った食事方法をしてしまう人が多すぎます。

ダイエットの食事の王道は、炭水化物、脂質、タンパク質のPFCバランスのいい栄養素を取ることと、自分の消費カロリーに対する摂取カロリーを低くする。

これでほぼ全てが決まります。

詳しくはこちらの記事↓で説明しています。

【本気のダイエットの王道は糖質制限と野菜中心の食事?まずはPFCバランスを学ぼう】

 

カロリー量を気にして脂質を抑えようとしている女性は多いですが、タンパク質の量が少ない人が圧倒的に多数です。

ダイエットをしている女性のほとんどがタンパク質が足りていません。

減量中に摂取するタンパク質が少ないと、脂肪と一緒に筋肉も分解されて落ちやすくなるため、代謝が下がってリバウンドの直接的な原因となるパターンが多いのです。

 

ダイエット中ほどいつもより多くのタンパク質を確保するように心がけましょう。

ダイエット中なら30歳女性なら1日のタンパク質量は70gは取りたいところです。

 

 

まとめ
いかがでしたか?

ダイエットに運動は必須ではありません。
いくら激しいスポーツなどでカロリーを消費していても、食事管理が甘いと痩せることなど一生できません。
本気で痩せたいならぜひこの機会にあなたの食事を改善していきましょう。