やせるカロリー管理法

本気ダイエット中なのに体重が減らなくなる停滞期にはチートデイを試しみよう

 

本気でダイエットを始めて1ヶ月、これまで順調にスルスルと体重が落ちてきたのに急に数字が減らなくなってきた。

 

これはダイエットをした事がある人なら誰でも経験する事だと思います。

 

これは人間にはホメオスタシス(恒常性)という、生命を安定させるための仕組みが備わっているからです。

 

ダイエットのために摂取カロリーを減らすと、生命の維持装置みたいなものが働いて、その減らしたカロリーで生きていけるように順応してしまうんですね。

 

そのため誰にでもダイエットの停滞期というものが来てしまいます。

しかし、ダイエット本などにはこの停滞期に何をすればいいか?を書いてあることは少ないと感じます。

 

そこで、おすすめする方法が「チートデイ」です。

 

もともとボディビルダーの間で行われていた減量法の1つですが、一般のダイエッター達にも使える!ということでその方法が広まっています。

 

今回はこのチートデイについてお話しします。

 

チートデイって何?その効果とは?

 

チートデイとはダイエットの停滞期に「1日だけめちゃくちゃ食べていい」という日を設ける方法です。

 

もちろんこれは「ダイエットを頑張った自分へのご褒美♪」と言うことではありません笑

ちゃんとした理由があります。

 

でも1日だけでもいっぱい食べちゃったらまた太っちゃうんじゃ無いの?と思うかもしれません。

 

はじめに書いたように、人間にはホメオスタシスという生命維持装置があります。

 

摂取カロリーを減らしてしばらく経つと「このままではカロリー不足で死んでしまう」と脳が判断して人間の身体を省エネモードに切り替えます。

 

なのでカロリーを減らしても体重が落ちなくなる停滞期が来るんですね。

 

そこで、この停滞期にチートデイを実施してカロリーが十分に補給できると、脳は「もう大丈夫かな?省エネモードを解除しよう」と判断して通常の燃焼モードに切り替わります。

 

もちろんチートデイから数日は体重が増えているかもしれませんが、ダイエットを再開すると、体重が落ちやすくなります。

 

大きくジャンプするためには一度屈んで力をためないといけないという事ですね。

 

何をどのくらい食べればいいのか?

 

それじゃあチートデイに何をどのくらい食べたらいいの?というところですが、

 

基本的になんでも食べてOKです。

できれば炭水化物(糖質)をどんどん取ることが、省エネモードを解除するための刺激になりやすいのでおすすめです。

 

摂取カロリーでいうと、細かいところまでは気にしなくても大丈夫ですが、普段の摂取カロリーの2倍は食べてもOKです。

いつも1200kcalに抑えているという人は2400kcalぐらい食べても問題ありません。

 

この機会に食べたかったものをお腹いっぱい食べましょう。

 

【本気で痩せたいなら食事とカロリーの管理は必須】

チートデイを行う時の注意点

チートデイには注意点がいくつかあります。

普段からカロリー管理ができていない人には向かない

当たり前ですが、普段からしっかりカロリー計算と体重管理をしてダイエットを継続している人じゃないと「チートデイをいつやったらいいのか?」という判断ができません。

 

チートデイをきっかけにダイエットを辞めてしまうリスクがある

ダイエットを頑張って続けていると、ある種の飢餓状態になりやすいので、そこにチートデイを挟むとその日をきっかけにして「食べたい衝動を抑えられない」という状態になる怖れがあります。

本気でダイエットを続けられる人しかおすすめできません。

 

今日はチートデイ♪と言い訳をして過食をしてしまう

チートデイという方法を知ってしまうと、つい「今日はチートデイだから」と言ってたくさん食べたい自分の言い訳に使ってしまう怖れがあります。

自分の意思を強く持ってコントロールできる人じゃないとやってはいけません。

 

【1ヶ月間本気のダイエットで3kg減量する方法】

 

まとめ:チートデイは本気のダイエッターにはぜひ試してほしい

 

いかがでしたか?

今まで停滞期にどうすればいいか悩んでるいた方はぜひチートデイを試してみてください。

 

はじめての時は低カロリー生活を続けていたのに急にたくさん食べてもいいのかな?と不安になると思いますが、化学的に実績のある方法なのでちゃんと自分の意思管理ができる人ならこれほど有効な方法はありません。

ぜひ挑戦してみてください。