やせる筋トレ

本気のダイエットでもジムは不要!割れたカッコいい腹筋を手に入れる最速の方法

 

女性で割れた腹筋をしている人はかっこよくて憧れますよね?

 

男性でスポーツをやってる人は腹筋がキレイに割れていることが多いですが、女性でキレイに割れた腹筋を保っている人は本当に稀にしかいません。

 

ジムに通い続けてガチで鍛えまくっている女性しかカッコいい腹筋を持っていない。

と、一般的には考えがちですが、ジムに行かなくても割れたカッコいい腹筋を手に入れることはできます。

 

今回は最速で腹筋をキレイに割るための知識と方法をお伝えします。

 

 

腹筋は誰でも最初から割れている?

 

意外とみんな知らない人が多いのですが、人間の腹筋というのは誰でも最初から割れています。

もともと、腹筋(腹直筋)というのは骨盤を上へ引き上げる動作、体幹を前へ屈曲させる動作などに必要な筋肉で非常に身体全体の中でも重要な役割を担っています。

 

そのため、誰でもある程度の大きさの腹筋が付いているのですが、お腹の脂肪に隠れているため外から見たときに割れているようには見えない場合が多い。ということなんです。

 

また、勘違いしている人が多いのですが、筋肉と脂肪はどんなに太っている人でも完全に分離しています。

 

たまに、筋肉と脂肪は混合していてミルフィーユのような層構造をしていると思っている人がいますがそれは間違っています。

 

【お腹の脂肪を落としたくて本気でダイエットに挑戦したい!腹筋でお腹は凹む?】

 

最速で割れた腹筋を作るには体脂肪を落とすことが必須

 

割れた腹筋を作る一番重要な要素は「体脂肪を落とすこと」です。

 

えっ?腹筋は鍛えなくていいの?と思った人もいるでしょうが、先ほども話したように腹筋はもともと誰でも割れているものなので、その上に乗っかっている脂肪を減らせば隠れていた腹筋が姿を現してきます。

 

なので、最速で腹筋を割る方法はお腹の脂肪を減らす。という結論になります。

 

そうなんだ、じゃあお腹だけ部分痩せすればいいじゃん。

 

と考えがちですが、お腹の脂肪に限らず「体脂肪の部分痩せは基本的にはできません」

 

腹筋を鍛えることでお腹周りが引き締まって見える効果は確かにありますが、お腹の脂肪を減らすには大変ですが、身体全体の脂肪を減らす必要があります。

 

腹筋が割れて見えてくるようになる体脂肪率で言えば20%を切るぐらいです。

 

誰がみてもカッコいいと感じるキレイな腹筋をしている女性の体脂肪率はおそらく15%以下になっているはずです。

 

【ダイエットに挫折せずにやりきる人の習慣とは?】

腹筋運動でお腹を鍛えることももちろん必要

 

腹筋がキレイに見えるために必要なのはまずは身体全体の体脂肪を落とすことですが、腹直筋を鍛えることももちろん大事です。

 

いくら腹筋が割れていても筋肉の大きさ自体が小さ過ぎるとカッコいいお腹を作ることは出来ません。

 

腹直筋を鍛えるための3つの基本トレーニング

 

クランチ

クランチはいわゆるみんながイメージする腹筋運動ですね。

膝を曲げた状態で仰向けに寝て、上半身を膝まで引き上げる運動です。

 

これは誰でもやったことがあるのでやりやすいトレーニングだと思います。

 

レッグレイズ

これはまっすぐ仰向けに寝て状態で、下半身を垂直の位置まで上に持ち上げてまた下げる。という動作を繰り返しトレーニングです。

 

ある程度の筋力が無いと1回もできない人もいると思います。

クランチに慣れてきたら取り入れたいトレーニングですね。

 

フロントブリッジ

こちらはうつ伏せの状態から、肘とつま先で身体を真っ直ぐにしたまま、その状態をキープするトレーニングです。

腹筋に常に力がかかり続けるので筋持久力が鍛えられます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

腹筋を割る最速の方法はまず体脂肪を落とすことです。

全然最速じゃないじゃん!とツッコむのは無しです笑

誰でも条件は同じです。安易な近道はありません。

きれいでかっこいいお腹を手に入れたい人は日努力を継続していきましょう。