やせる食事法

本気で痩せたいなら簡単に続けられる発芽玄米ダイエット!理由と炊き方のポイントを教えます

 

ダイエットに効果的だと言われて再評価されている食品、それが玄米です。

もともと日本人はみんな精米された白米ではなく、玄米を食べていました。

 

あまり肉や緑黄色野菜などの栄養価が高い食品をたくさん食べれなかった時代でも、玄米と味噌汁だけ食べていれば健康的な生活ができていたと言われているほど玄米は栄養価が高いスーパーフードなんです。

 

また、玄米は完全食とも言われています。炭水化物、脂質、タンパク質の他にビタミン、ミネラルが豊富に含まれているからなんですね。

 

今回は玄米ダイエットの利点と発芽玄米の説明、炊き方のポイントをお教えします。

 

白米を玄米に変えるダイエットのメリットとは?

 

玄米ダイエットとは誰でも気軽に行えるダイエットとしておすすめしています。

 

その方法としては単純に、今まで食事の主食にしていた「白米やパン類を玄米に変えるだけ」という方法です。

 

もちろんこれだけで劇的に痩せる!といった事は起きませんが、少しずつ健康的に痩せたい人にはとても効果的な方法だと思います。

 

ところで白米と玄米の違いって知ってますか?

現在、一般的に主食として食べられているお米が白米ですね。

玄米はもみ殻を取り除いただけのもので、胚芽と胚乳が一緒になった状態です。

 

この状態から精米することで胚芽を取り除き、胚乳だけになったものがみんなが食べている白米と呼ばれるものなんですね。

 

玄米のメリットは白米に比べて食物繊維が豊富なためGI値が低く血糖値の上昇が緩やかになります。

そのため血糖値を抑えるために、脂肪ホルモンと呼ばれるインスリンの分泌量が少なくなります。

以下論文より引用「新形質米 (巨大胚芽米・発芽玄米) 配合パックライス摂取時の血圧と血糖値への効果

【結論】発芽玄米の短期投与効果を24名で検討した。発芽玄米はGABA・フェルラ酸などの含有量が多く、摂取群では運動負荷後収縮期血圧と食後血糖の低値が見られた。新形質米(巨大胚芽米・発芽玄米)は, 高血圧・糖尿病の予防や予備軍のリスク軽減に有用であることが示唆された。

 

また、玄米に付いている胚芽の部分にはビタミンB、E、マグネシウム、GABA、オリザノールなどの健康やダイエットに必要なビタミン、ミネラル成分が白米の何倍も含まれています。

そのため、玄米はダイエットに最適なんですね。

【白米やパンはダイエットには不向き?】

 

普通と玄米と発芽玄米の違いってなに?

 

ここで発芽玄米の話ですが、発芽玄米ってなにか知っていますか?

 

簡単に言うと玄米が水を吸って発芽したものが発芽玄米です。

普通に売られている玄米を買ってきて何時間か水に漬けておくと発芽します。

 

玄米と発芽玄米の違いは甘さと柔らかさが向上することと、GABAなどの栄養価もアップすることです。

また、発芽玄米にすることでミネラルの吸収を阻害すると言われているフィチン酸が少なくなります。

 

よく、玄米は硬くて美味しくないと言う人がいますが、そういう人は発芽玄米を一度自分で炊いて食べてみることをおすすめします。

 

発芽玄米の炊き方のポイント

 

玄米を発芽させて発芽玄米にするためには水に長時間着けておく必要があります。

この時間は気温によって異なります。つまり季節によって水につけておく時間を変える必要があるという事です。

 

発芽のさせ度合いによって時間は変わりますが、最低夏で6時間、冬で12時以上漬けておけば発芽が始まって発芽玄米となります。

 

この時間を面倒だといって敬遠する人が多いのですが、前もって玄米を洗って炊飯器の中で水につけてそのまま炊飯の予約をするだけなので手間は白米と変わりません。

 

よほど古くない炊飯器なら炊飯モードに玄米があるためそのモードで炊飯予約しておくと楽です。

また、玄米独特の風味を和らげるためには2つまみほどの食塩を入れておくと良いです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

発芽玄米は意外と美味しくて健康的な主食となるのでダイエット関係なしにハマってしまう人が増えているのもうなずけます。

誰でも無理なく始められる発芽玄米ダイエットを一度試してみてください。