やせるカロリー管理法

本気でダイエットするのにジムに通ってランニングなどの有酸素運動は効果的?

 

本気でダイエットを始めようとする時に考えるのが、ジムに行ってランニングしたり、外でウォーキングしたりする事ではないでしょうか?

 

確かに「ダイエットをするとなったらまず有酸素運動」という考えは一般的に浸透していて効果があるようなイメージが当たり前ですよね?

 

しかし、本当にジムでのランニングや公園でのウォーキングなどの有酸素運動はダイエットに効果的なのでしょうか?

 

ランニングやウォーキングは効果的だけどそれだけではダイエットは難しい

 

ダイエットといえばランニングなどの運動を思い出しますが、実はダイエットにそんなに効果的ではありません。

 

まず、消費カロリーの問題ですが、30分間ランニングをした時にどのくらいカロリーが消費されるか知っていますか?

 

人にもよりますが、だいたい100〜150kcalほどです。

 

想像していたよりも少なかったのではないでしょうか?

30分一生懸命走ってもちょっとしたコンビニのお菓子程度のカロリー消費しかありません。

ちなみにウォーキングだとさらに消費カロリーは少なくなります。

 

そしてこのような運動を毎日やるのならまだマシですが、良くても週に3回などではないですか?

 

やはり、ジムに行ってまで走ってもダイエットにはあまり効果があるとは言えないと感じます。

 

【ダイエットのモチベーションを長く継続するコツ】

 

痩せるために必要な要素は「運動1割、食事9割」

 

運動がダイエットにイマイチならどうすればいいのかと言うと、ずばり食事改善です。

 

痩せるためにやるべき事は運動より食事の量と内容を変えて変えてみるのが一番です。

具体的にどうすればいいかポイントを押さえると、

 

三大栄養素の内、タンパク質を積極的に摂取する

ダイエットのための食事と言うと野菜中心のメニューを考えてしまいます。

野菜は積極的に取るべきですが、タンパク質を取る量が少なくなりがちです。

タンパク質が足りないとダイエット中に脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまい、リバウンドしやすい身体になってしまいます。

また、タンパク質は身体そのものを構成する材料となる栄養素なので、足りないと肌にハリが無くなったり髪がボサボサになりやすくなります。

 

糖質制限はし過ぎてもダメ

流行りのダイエット法に糖質制限がありますが、極端な糖質制限は身体に悪影響を及ぼします。

 

糖質を抑えると確かにはじめは痩せやすいですが、そのままでは少ない糖でも身体が順応して消費エネルギーを押さえてしまうのです。

 

また、糖質を控えると糖質をエネルギーに変える変換能力が落ちてしまうので代謝が低くなる恐れがあります。

 

自分の1日の消費カロリーを把握する

 

あなたは自分が1日に消費するカロリーの総量を知っていますか?

 

例えば30歳の女性では1日の消費カロリーは1500〜1800kcalほどです。

 

これより摂取カロリーが上回れば脂肪が増えていきますし、下回れば少しずつ脂肪が燃焼されていって体重も減ってきます。

 

まずは痩せるために必要な摂取カロリーを知ることから始めましょう。

 

【本気で痩せるには食事習慣の見直しから始めよう】

ジムに行くなら筋トレの方が効果的

 

ジムでのランニングなどの有酸素運動はそんなにおすすめしませんが、筋トレならダイエットに非常に効果的です。

 

せっかくジムに行くのならぜひ筋トレをしましょう。

 

でも筋トレするとムキムキになって腕とか脚とか太くなるんじゃないの?と思うかもしれませんが、女性の場合はそう簡単に筋肉がつく事はありませんので安心して下さい。

 

女性が筋トレをするメリットは

・カッコいいメリハリがある身体を作れる

・代謝が上がり痩せやすい体質になる

といった大きく分けると2つの利点があります。

 

ウェイトを使ったトレーニングには初めは抵抗があるかも知れませんが、これほどダイエットに効果的な運動はありません。

気になっている方は、この機会にぜひチャレンジしてみてもいいかも知れませんね。

 

【3kg減量してスリムな体型を身につける方法】

 

まとめ

 

いかがでしたか?

有酸素運動はダイエットに逆効果までは言いませんが、キツくて労力の割にはそんなに痩せ効果が低いという印象があります。

基本的にダイエットが成功するか、失敗するかは食事で決まってしまうという事実を知っておきましょう。