やせる筋トレ

本気でダイエットするためにホットヨガのデトックス効果で脂肪は減るのか?

 

最近ダイエットのための運動として「ホットヨガ」をやる人が増えていますね?

これは日本の芸能人や、欧米のセレブ、モデルの人たちがホットヨガを日常の運動として取り入れている事が話題なったためだと思います。

 

確かに、ホットヨガは普通のヨガに比べて汗をかきやすいため、たくさん汗をかけば痩せられるんじゃないか?と考えそうですよね?

 

しかし、結論を言ってしまうと「ホットヨガにはダイエット効果は期待できません」

これは普通のヨガでも同様です。

この記事では、ホットヨガがダイエットに効果が無い理由と、ヨガ自体のダイエット以外のメリット。そして運動で痩せるための最適な方法を紹介します。

 

ホットヨガで汗をかいても脂肪は減らない

 

ホットヨガでダイエットは出来ないと言いましたが、その理由は「汗をいくらかいても脂肪は燃焼されない」からです。

汗をかくのは、もともと身体の体温を下げるための人間の生理現象です。
汗は身体から出る水分のため「汗をかいただけ体重は減ります」が決して脂肪が燃焼されて減っている訳ではありません。

 

そのため、減った水分を補給すると元の体重に戻ってしまいます。

汗がダイエットにつながるというイメージは、筋トレやランニングなど「筋肉をある程度動かす運動による脂肪燃焼効果」=「体温上昇による発汗」をセットとして考えてしまっているからだと思います。

なので多くの人が「ホットヨガで汗をかく」=「脂肪燃焼」だと勘違いしています。

 

デトックス効果も対してある訳じゃない

じゃあホットヨガの「デトックス効果」はどうなの?思いますね?

汗をかくことで「体内の老廃物や毒素を外に出して健康的になる」というのは確かにその通りです。

しかし、基本的にそう言ったデトックス効果というのは、「日常の排泄行為」でほぼ全てをまかなっています。

汗をかく時だけに排出される老廃物や毒素というのもほぼ無いと考えて大丈夫です。

 

汗をかくことでデトックス効果を求める前に便秘などがある人は、まず腸内環境を整える事が大切です。

【食べる前に飲む系のサプリは本当にダイエットに効果があるの?】

 

ヨガにはダイエット以外の2つの効果がある

 

上記のようにホットヨガやヨガ自体にはダイエット効果もデトックス効果も期待するほどありませんが、それ以外には2つの効果が研究によって実証されています。

身体の中の炎症を減らす効果がある

ヨガ行う事によって体内の炎症を抑える効果が期待できます。

慶應大学とニューキャッスル大学の共同による研究結果では、

ヨガによる効果を2219人分の分析を行ったところ、各炎症を表す数値が明らかに減っていた

という事です。しかし、実はなぜヨガが身体の炎症を減らす効果があるのかは解明されてはいません。

ヨガによる瞑想効果によって自分の体の不調に気付きやすくなるためだとも言われています。

腰痛が和らげる効果がある

2つ目はヨガには腰痛を和らげる効果が期待できます。
これはドイツのデュースブルグ大学が行った研究結果で、967人分の分析結果から出された結論です。

しかし、これもなぜヨガが腰痛に効くのか?という原理が解明されていません。

直接的な影響というよりはヨガを行う事によって日常の運動で腰の筋肉を上手く使えるようになったり、姿勢が良くなったりするからだと考えています。

 

痩せるために運動するなら筋トレや有酸素運動が先

 

ヨガがダイエットには効果が無いと言いましたが、先ほどのダイエット以外の効果を期待するならおすすめできる運動ですね。

しかし、あなたの目的が「脂肪を減らして痩せたい!」というダイエットなのだとしたらヨガよりも先に筋トレや有酸素運動を行うことが先決です。

 

筋トレ自体がエネルギー消費になり基礎代謝が上がる

私がダイエットのための運動としてオススメするのは筋トレです。
筋トレを行うことで、

  • 筋トレ運動によるエネルギー消費
  • 消耗した筋肉を回復させるためのエネルギー消費
  • 筋肉がつく事による基礎代謝アップ

これらの効果があります。
よく「女性が筋トレしたらムキムキになるんじゃないの?」という心配をする人が多いですが、結論をいうと「女性はそう簡単にはムキムキにはならない」ので安心して筋トレを行なってください。

筋トレのやり方についてはこちら↓の記事を読んでいただけると分かりやすいと思います。

【本気でダイエットするのにジムに通ってランニングなどの有酸素運動は効果的?】

 

ポイントは脚などの大きな筋肉を優先的にトレーニングする事で大きな効果が出やすいです。

 

ジョギングなどの有酸素運動は1回30分程度でOK

「運動した方がいいのは分かったけど筋トレはちょっと…。」
という方はジョギングやウォーキングなどの有酸素運動でもOKです。

コツは「無理なく続けられる強度と時間で行う事」です。
オススメするのは週に3回、30分程度の有酸素運動を行うことです。

よほど、運動が好き♪という人ではないと週に4回以上は続けられません。
さらに、気合を入れて30分以上続けても、身体の疲労によるストレスが多くなって結果的にダイエットに繋がりにくいという研究結果もあるため30分という時間をオススメしています。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ホットヨガやヨガは身体の炎症を抑えたり、腰痛を和らげる効果は期待できますが「汗をかく事で脂肪を燃焼させるダイエット効果」は期待できません。

本気でダイエットしたいなら筋トレや有酸素運動を日常の運動として取り入れる事をオススメします。