やせるためのマインド

本気でダイエットしたいけどチョコレートやスナック菓子が辞められない人はどうすればいいの?

 

ダイエットに失敗してしまう人に共通しているのが「チョコレートやお菓子などのデザートが大好き」という点です。

 

ダイエット中だから辞めなきゃと思っていても、ついコンビニでチョコレートや甘いもの、スナック菓子などを買ってしまう。

 

ダイエットに挑戦した事がある人なら誰でも経験しているのではないでしょうか?

 

どうしてもデザートのチョコレートや、おやつのスナック菓子を辞められない人はどうすればいいのでしょうか?

 

食べたいものを食べながら痩せる事が出来ればこんなに楽な方法は無いですよね?

 

それでも、まずはチョコレートやスナック菓子についての知識を知っておきましょう。

 

チョコレートやスナック菓子はダイエットの大敵

 

残念ですが、言うまでもなくチョコレートのような甘いお菓子やスナック菓子はダイエットする人にとっては大敵となります。

 

コンビニに売られているチョコレートの大半は実はチョコレートじゃない?って知ってましたか?

 

どう言うことかと言うと、コンビニで販売されているチョコレート製品の成分表示をしてみると大体「砂糖」が最初に書いてあります。

 

知っている人も多いと思いますが、成分表示は量が多い順番に並んでいます。

 

砂糖が一番多いと言うことはあなたがいつも食べているチョコレートは「チョコレート風味の砂糖」と言うことができます。

 

砂糖は糖質の塊です。チョコレートを食べているかと思ったら実は砂糖を食べていた。なんてことが起きていたんですね。

 

もし、ダイエット中にチョコレートを食べるとするならば成分表示の1番に「カカオマス」が来ている商品を選びましょう。

 

【痩せたいけどデザート食べたい欲はどう抑えたらいいの?】

 

それでも食べたいなら食事の調整をしよう

 

本気でダイエットして体重を落としたいけどおやつはたべたい!

と言う人は、無理して自分の楽しみをガマンするのも身体に悪影響を及ぼすかもしれません。

 

ただ、食べるなら食事の調整をしていきましょう。

 

例えばデザートにコンビニのケーキを食べたとします。

 

ケーキの糖質が30g、脂質が20gとしてカロリーは300kcal。

 

これは一食の食事のご飯を半分にして脂身の少ないおかずにすれば相殺できます。

 

このように、もしデザートを食べてしまったとしても「なんて自分はダメな人間なんだ…。」と落ち込んだりせずに

「食べたものはしょうがない。夜のご飯を調整しよう。」と考えられるようになればダイエットを長期的に継続することができるようになります。

 

ダイエットに大事なのは総合的なカロリー管理です。

もしチョコレートやお菓子など高カロリーなデザートを食べてしまっても、あとで調整すればいい。と俯瞰して自分を見ることが大切です。

 

【ダイエットに挫折せずにやりきる人の習慣とは?】

本気で痩せたいなら徐々に減らす努力をしよう

 

それでも、甘いものや脂質を多く含んだスナック菓子などを食べ過ぎて、後で調整ばかりもできません。

 

できるだけ、間食や自分へのご褒美におやつを買って食べることを減らしていきましょう。

 

よく、デザートを減らしたい!と言いながら家に大量にスイーツのストックがある人がいます。

 

自分が簡単に手を出せる位置に食べたいものがあれば、誰でも我慢できずに食べてしまうのは当たり前です。

 

食べないようにする努力とはまずは不用意にスイーツなどをコンビニ、スーパーで買わないようにするのが鉄則です。

 

家の中でちょっとだけ食べたい衝動に襲われても手元に食べれるものが無ければガマンしやすいです。

 

まずは買わない努力から始めてみましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

長期的なダイエットにスナック菓子やスイーツは原則禁止です。

そうは言ってもいきなり辞められないものですので、少しづつ減らしていく努力を続けましょう。

一気に減らしてしまうと禁断症状が出てしまうものなので、少しづつ身体を慣れさせていくことが大切です。