やせるためのマインド

デブと言われていた女性が本気でダイエットして3ヶ月で10キロ痩せてモテモテになった方法

 

女性が傷つく言葉のトップ3には入ってくるであろう「デブ」というワード。

ダイエットがなかなか続かず悩んでいる女性の中にはこの言葉を言われた事がある人もいると思います。

 

私の友人の女性は社会人になったころから、一部の人達から「デブ女」と言われていました。

私が15キロのダイエットに成功したことを知っている彼女は「これから先もデブ女なんて言われて生きていくのは絶対イヤ!」と泣きついてきたんです。

 

同じような体験をした事がある私は、その日から彼女のダイエットコーチとなり「3ヶ月で68キロから60キロまで痩せる目標」を立てて、食事改善と運動習慣を頑張って続けてもらました。

その結果、なんと3ヶ月で8キロどころか10キロ痩せることに成功し、68キロから58キロまで痩せることができたんです。

彼女は本当に喜んで、今まで男性にデブと言われてからかわれていたのが、もともと可愛らしい顔立ちだったので今や男性から言い寄られてモテモテになって困ると言っています。

 

もちろん、その後はリバウンドする事もなく1年経って今は55キロ前後をキープできているようです。

今回はそんなデブと言われ続けた女性が10キロ痩せれた理由とダイエット法を紹介します。

 

ダイエットに一番必要なのは痩せる目的

 

ダイエットの成果を決める要素として一番大切なものは何か分かりますか?

それは、なぜ私は痩せないといけないのか?という「目的」です。

 

友人の女性の場合は「ブスと言われ続ける人生はもう絶対にイヤ!だから痩せる」というダイエットに挑戦する明確な目的があったから成功したんです。

効果的なダイエット方法を勉強することはもちろん大事です。

 

しかし、まずもってダイエットが継続しないことには痩せようがありません。

みんながダイエットに失敗する一番の原因は、間違ったダイエット法をやってしまうからではありません。

「ダイエットに成功するまで継続することができない」

ということが一番の原因では無いでしょうか?

 

ダイエットを始めるときはみんな「何キロまで痩せる」という目標を立てますが、それは「ただの数字」に過ぎないのでモチベーションが続かないのです。

私はなんで痩せないといけないのか?という自分の中の明確な目的を理解していないとダイエットは簡単には成功できません。

 

例えば1ヶ月後に結婚式を控えた花嫁は、キレイなドレスを着こなすためのダイエットにほとんどの場合成功します。

これも「ダイエットの目的が明確だったから」なんです。

なので、あなたも自分の中に秘めた「ダイエットの本当の目的」を理解して忘れないようにノートなどに書き残しておきましょう。

【ダイエットを継続するために必要なメンタル管理方法】

 

肥満な人に有効的なダイエット法は糖質制限+カロリー制限

 

ここから具体的はダイエット法について話していきます。

肥満な人が脂肪を落としやすい方法が「糖質制限ダイエット+カロリー制限」です。

 

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは一般的な方法になりましたが、誰にでも有効的な方法ではありません。

特に効きやすいのはBMIが25以上の肥満と分類される人です。

これがBMI22以下など、標準的な肥満度指数の人になってくると糖質制限ダイエットでは思ったより痩せやれません。

 

じゃあ具体的に糖質制限ダイエットで1日何グラムの糖質を取ればいいのか?ですが体重にもよりますが、1日150グラム前後をオススメしています。

減らし過ぎてもその食事を続けることが難しいです。緩めな糖質制限がダイエット継続に効果を発揮します。

 

カロリー制限

次にカロリー制限ですが、糖質を150グラムほどに抑えれば後は何を食べてもいい。

というわけではありません。

まずは自分の1日の消費カロリーを知っておきましょう。

 

ダイエット運動消費カロリー計算

↑このサイトで年齢、身長、体重を入力するだけで、生活強度別の自分の1日の消費カロリーを簡単に計算してくれます。

 

ここで測った1日の消費カロリーより、摂取カロリーを200〜300kcal抑えた食事を続けることが大事です。

食べすぎてオーバーするのはもちろんよくないですが、減らし過ぎてもNGです。

食事を極端に減らして枯れてしまうようなダイエットは、筋肉を落とし、ビタミン、ミネラル不足にも陥るため代謝が落ちてリバウンドに最適な身体になってしまいます。

安定したカロリー制限が成功の秘訣です。

 

運動はダイエットに必須ではない

 

始めに言っておきますが「ダイエットに運動は必須ではありません」

まずは糖質制限+カロリー制限ができていればそれだけでも痩せられます。

それらを前提として「時間と体力に余裕がある人」は日常に運動を取り入れるのがおススメです。

【ジムに通ってランニングなどの有酸素運動は効果的?】

 

週に3回30分程度のウォーキングかジョギングでOK

ダイエットのために運動するならば1週間に2〜3日、1日30分程度のウォーキング、ジョギングをおすすめします。

 

実は有酸素運動ならなんでもいいのですが、どこでもできるウォーキングやジョギングは運動を継続しやすいんですね。

注意点は「疲れきるまで運動しない」というところです。

疲労困憊まで追い込んでしまうと、身体が回復を求めてたくさんカロリーを摂取しようとしてしまい、結局運動の意味がなくなってしまう恐れがあるからです。

 

どんなに調子が良くても運動は1日30分までと決めておきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

始めに話しましたが、ダイエットの成果を決めるのは「なぜ自分は痩せたいのか?」という明確な目的です。

その目的さえしっかり理解できていれば、今回紹介した方法を続けて長期的なダイエットにも成功できるはずです。

ぜひみなさんも頑張ってダイエットを続けていきましょう。