やせるためのマインド

ダイエットを本気で挫折せず継続するために必要なメンタル管理方法

 

ダイエットを本気で継続したいと思って始めてみても、いつも途中で挫折してしまう。

「なんで私はこんなにメンタル管理ができないんだろう」

あなたもこんな経験があると思います。

私も15kgのダイエットに成功するまでは、何度も痩せたいと考えていつも気合を入れてダイエットを始めるのですが、1ヶ月も経たないうちに、はじめの決意は何処へやら。

またいつもの生活に戻ってしまうという体験を何度も繰り返した時期がありました。

そこで始めたのが、本気でダイエットを継続させるために非常に有効な3つのメンタル管理方法です。

今回はその3つのメンタル管理方法を簡単に説明したいと思います。

 

意思の力は継続しない!ダイエットの目的をノートに書いてみよう

 

なぜみんなダイエットが継続できないのでしょうか?

それは「ダイエットを決意したきっかけと目的を忘れてしまうから」です。

 

ダイエットを始める理由は人それぞれだと思いますが、だいたいが何かのきっかけがあって痩せたいと強く考えているはずです。

それは例えば「前まで履けていたジーンズが入らなくなったから履けるようになるまで痩せたい」とか、

「友達や会社の同僚から太ってるだらしない女だと思われたくない」とか、

「彼氏に最近太ったよね?と言われて悔しいから」とか、

「モデルのような、スリムでスタイルがカッコいい女性になりたい」など色々あると思います。

 

そういった「ダイエットのきっかけとなった強い思い」をノートに書き出してみましょう。

出来ればスマホのメモなどではなく、実物のノートに直筆で書くことをオススメします。

 

誰かに見せる必要はありませんので、ただただダイエットをする目的となった自分の強い願望をノートに残しておくことをおすすめします。

そうすることによって、常にダイエットの目的を見失う事なく、驚くほど簡単にダイエットを継続することができますよ。

【ダイエッター必見!痩せるための「やらない習慣」5つ】

 

食事ノートを付けるとダイエットが継続しやすい

 

食事ノートを付ける方法はダイエット本にはよく書かれていますが、実際にノートを付ける人はどれくらいいるでしょうか?

「食事ノートを付けるといい」という事は知っていたけどやった事は無い。という人は騙されたと思って本当にやってみることをおすすめします。

これはライザップのダイエット指導方法にも採用されている方法で、1日の食べ物の種類、栄養素、カロリーバランスを毎日付けることによって自分の食事習慣を客観的に見つめることができます。

何となくダイエットに良さそうな物を食べ、何となくのカロリー計算を頭の中で行なっているままでは、継続的に減量し続ける事はできません。

 

なぜなら、痩せたとしても「なぜ痩せたのか?」という事が後から確認できないからです。

痩せた後に、食事ノートを振り返れば「なぜ痩せたのか?」が分かりますし、体重が増えてしまっても「なぜ増えたのか?」ということを確認する事ができます。

やりはじめは面倒くさいと感じるものですが、毎日ノートを付けているとダイエットを継続できている記録が目に見えて残っていくので楽しいですよ。

【本気で痩せたいなら知っておきたいカロリー管理方法】

 

アプリを使って毎日体重の記録をつける

 

最後は「アプリで毎日の体重の記録をつける」方法です。

これが1番楽なのでこの方法からとりあえず始めてみてもいいでしょう。

体重というのはほとんど身体の水分量で決まってしまうので、1日〜3日などの短いスパンでは変動が大きくて当たり前です。

なのに、昨日より体重計の表示が1kg減っていると「やった!1kg減った♪」と嬉しくなり、逆に1kg増えていると「何で1日で1kgも増えるのよ!」と一喜一憂してしまいます。

ダイエットで体重が落ちていくときのグラフというのは、ジグザグを付けながら緩やかに右下に下がっていく形になるのが普通です。

なので1日の体重の上下でダイエットの成否を判断するのはナンセンスです。

そのため、毎日アプリで記録をつけてグラフ化する事をオススメします。

おすすめのアプリはアンダーアーマーが開発した「MyFitnessPal」というダイエットアプリです。

体重の記録をグラフ化してくれるだけではなく、食事の記録、ダイエットの目標体重に対してのカロリー設定などが簡単にできる非常に万能なフィットネスアプリだと思います。

 

 

まとめ
いかがでしたか?

今回紹介した「ダイエットを決意した目的や食事の記録、体重の記録」を毎日残す事ができれば、それだけでダイエットは半分成功しているといっても言い過ぎでは無いくらいに、メンタル管理に有効な方法です。

面倒かもしれませんが、みんながやってないからこそそこにダイエットの秘訣があるのだと考えましょう。
ぜひ今回紹介した方法を試してみてくださいね。