やせるアルコール

ダイエットに本気な人のアルコールとの付き合い方!太らないお酒とおつまみを紹介します

 

お酒好きな人は、ダイエット中のアルコールをどうすればいいのか迷いますよね?

よくアルコールはダイエットの敵だと言われていますが、それは本当でもあり、ウソでもあります。

 

実はアルコールは1gあたりなんと7kcalもあります。

よく酎ハイなどの100gあたりのカロリーがとんでもない量になっているのをみたことがあると思います。

 

しかし、アルコールは体内に入れても蓄積、吸収されてしまう前にほとんどが燃焼されてしまうのでアルコール自体が脂肪になったりはしません。

そのためアルコールのカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれています。

じゃあなんでお酒はダイエットの敵なのかというと、お酒に含まれている糖質と、一緒に食べる食事、つまりおつまみが太る原因となっているんですね。

この記事では太りにくいお酒の種類とおすすめのおつまみを紹介します。

 

太りやすい醸造酒と太りにくい蒸留酒

 

お酒の中でも体重が増えやすいお酒と増えにくいお酒があります。

太りやすいお酒の種類とはビールや日本酒、ワイン、果実酒、マッコリなどの「醸造酒」です。

この醸造酒は穀物や果物などの原料を酵母により発酵させて作られたお酒です。

蒸留の工程を経ないため糖質が多く甘めのお酒が多いのが特徴です。

まだワインは糖質量が醸造酒の中では少ないため飲み過ぎなければダイエットの敵にはならないと言えますが、気をつけないといけないのが糖質が多いビールや日本酒です。

 

逆に糖質が少なく太りにくいのがウイスキー、焼酎、ブランデー、ジン、ウォッカ、テキーラなどの「蒸留酒」です。スピリッツとも呼ばれますね。

これらのお酒は名前の通り蒸留酒という工程を経ているので、その時に糖質がほとんど抜けてしまいます。

そのため、ダイエット中に飲むお酒としては最適なんです。

 

おすすめなのはウイスキーと炭酸水を混ぜたハイボールですね。どちらも糖質がゼロなので、体に最終的に残るカロリーとしては0カロリーと考えていいダイエッターには嬉しい飲み物です。

私がよくダイエットしている女性にオススメする時はハイボールかワインか焼酎(お湯割り、ロック、ソーダなど)を紹介します。

 

糖質が多いカクテルなどがダイエットの大敵

 

ビールや日本酒などの醸造酒が糖質が多くて減量には向かないと説明しましたが、蒸留酒なら何でもいいかと言ったら全然違います。

例えばお酒が弱い女性がよく飲む梅酒やカシスオレンジ、酎ハイ類などの甘いお酒は当然ながら多くの砂糖が入っています。

しかも、お酒の苦味を和らげるために普通の清涼飲料水などよりも果糖ブドウ糖液糖が多く含まれている場合が多いのでカロリーは高くなります。

 

また、最近はストロングゼロなどの糖質ゼロでも甘くて飲みやすい酎ハイが流行っていますが、これらは砂糖の代わりに甘味料が入れられているものがほとんどです。

まだステビアなどの天然甘味料ならマシですが、スクラロースやアセスルファムK、アスパルテームなどの「人工甘味料」が入ったものを飲み続けると、何らかの疾患や、太るリスクが何倍にも増えるといった危険性があると言われています。

できれば定期的に飲むのは避けましょう。

おすすめは前章で紹介したハイボール、ワイン、焼酎です。

 

もし甘いお酒がが飲みたいのならバーで頼むようなカクテルグラスのお酒を選びましょう。

糖質も含まれた種類のカクテルがは多いですが、少量でアルコール度数が高いので飲みすぎる心配が少ないからです。

 

それでも糖質が多いお酒をいっぱい飲んでしまったなと思った時は次の食事などで糖質量を調整すればOKです。

あまりアルコールに神経質になりすぎるのも良くないですからね。

【カロリーオフ・ゼロ飲料はダイエットに逆効果?】

太りにくいダイエット中におすすめのおつまみを紹介

 

お酒のお供になるおつまみは揚げ物など、炭水化物や脂質が多い食べ物が多いです。

これらのカロリーの高いおつまみを食べ過ぎる事が、アルコールで太ると言われている原因となっています。

ダイエットのためには糖質の少ないお酒を選ぶことも大切ですが、それ以上に一緒に食べる食事、おつまみに気を使いましょう。

 

ダイエット中におすすめのおつまみとは、魚のお造り、カルパッチョなど魚介類全般、ナッツ類、枝豆、海藻類、きのこ類などです。これらの特徴は「糖質、脂質をあまり含まずビタミン、ミネラルが多い食品」という事です。

糖質が少ないものを選ぶのはもちろんですが、アルコールを体内で分解、燃焼させるためにビタミンやミネラルが消費されてそれらの栄養素が不足してしまいます。

なのでそれを補給できるビタミン、ミネラルが豊富なおつまみがベストという事になります。

【ダイエット中の飲み会でのお酒の選び方と断り方】

 

まとめ

いかがでしたか?

ダイエッターの敵だと言われているアルコールですが、しっかり自分で太りにくいお酒やおつまみを選択すればお酒が原因で体重が増えるということはありません。

お酒は正しく飲めば人生を豊かにしてくれるものです。

あまり神経質になりすぎるのもストレスになりよくありません。アルコールとうまく付き合っていく知識と行動が大事です。