やせるカロリー管理法

ダイエットに本気なのに飲み会の誘いが邪魔になる人に向けた対策と断り方

 

せっかく本気でダイエットに取り組んでる最中なのに、飲み会に誘われてどうしようと悩んでしまう時ってありますよね?

 

飲み会に行ってしまうとその日は運動も出来ないし、何よりお酒とカロリーの高いおつまみでいままで頑張ってきたカロリー管理が台無しになってしまう…。

 

かと言ってお世話になってる上司の誘いを断るのも心苦しい。

 

そんなあなたに、ダイエット期間中に飲み会に誘われた時の対策を紹介します。

 

お酒は飲むならハイボールがベスト

 

飲み会でダイエット中だからと言ってお酒を飲まないのはつまらないですよね?

 

かと言ってビールや甘い系のカクテルなどは糖質が多く含まれているものが多いため、それらを避ける必要があります。

 

一番おすすめなのはハイボールです。

ハイボールは無糖質のウイスキーと炭酸水のカクテルなので糖質が0です。

いまはハイボールブームなので一杯目から最後までハイボールという人も全然めずらしくありません。

 

あとはワインも低糖質なお酒です。ハイボールはあまり好きじゃないけどワインは好きという人にはおススメです。

 

おつまみは焼き鳥などの低糖質のものを選ぶ

 

居酒屋系のお店のおつまみは基本的に糖質と脂質が多いメニューがほとんどです。

 

そんな時におすすめなのが焼き鳥です。

焼き鳥は高タンパク低糖質でダイエット食にも最適なメニューです。

とくに砂ずりやレバー、ハツなどの内臓系は脂質が少ないので積極的に頼みましょう。

ただ、皮だけは脂質が多くカロリー過多になりやすいので避けてくださいね。

 

あとはサラダや刺身系、豆腐系、卵系のメニューは低カロリーなので出来れば自分から頼んでおきましょう。

 

困るのがシメのご飯系ですが、お腹いっぱいと言って断るか出来るだけ少ない量のものを選ぶようにして下さい。

 

ダイエットにコミットするなら飲み会は断る!

 

ダイエットを一番の目的とするならば飲み会に行かないことがベストです!

いくら上司の誘いだからと言って自分が積み上げてきた努力をこわす権利はありません。

 

かと言ってストレートに断るのは難しいですよね?

そんな時に使えるフレーズを教えます。

「医者にお酒を控えるように言われてるんです」

これなら上司の機嫌をそこなう事なく断る事ができるいい言い訳です。

何回も使うのは難しいですが、数ヶ月のダイエット期間中だけなら使えるフレーズですよ。

「すみません大事な用事が先に入ってて」

飲み会の前ってなんとなく雰囲気でわかりますよね?

そんな雰囲気を察した時は先にウソでもいいので用事を作っておきましょう。

「本気でダイエット中なので」

嘘をつくのが嫌な人は素直にダイエット中なのを伝えるのもいい手段です。

公開してしまえば自分を追い込む理由もできて、周りの人も気を使ってくれたり、応援してくれるようになりますよ。

 

本気で痩せたいならこちら読んでみてください↓

【1ヶ月間本気のダイエットで3kg痩せる方法】

 

 

まとめ

ダイエット期間中の飲み会の誘いは本当に悩みの種ですよね。

しかし、飲むお酒や食べ物をちゃんと選べば飲み会も恐くはありません。

どうしても飲み会を断りたいときは最後に紹介したフレーズを活用してみてください。