たんぱく質ダイエット

ダイエットに本気なのに脂肪が落ちない時の絶望感はどう対処すればいいの?

 

ダイエットを本気で続けてるつもりなのに体重が思ったように全然落ちなくて絶望する。

こういった絶望感ってダイエットをやったことがある人なら結構みんな経験していますよね?

こんなに辛いダイエットを続けて痩せないのなら続ける意味なんか無いんじゃないの?辞めちゃおうかな…?という気持ちになってしまうのもよく分かります。

 

でもちょっと待ってください!ダイエットは思ったよりも簡単にはいかないもので、成功するまで時間がかかります。

じゃあそういった絶望感を感じた後にどうしたらいいのか?という対処の仕方を話していきます。

 

絶望してダイエットを辞めるのはもったいない

 

まず知っておいて欲しいのは「ダイエットをそのまま諦めるのはもったいない」という事です。ダイエットを本気で始めようと決意するのには結構なエネルギーがいる決断です。

それなのに絶望感のうちにダイエットを辞めてしまうとその決意が無駄になります。

そのうえ、今度またダイエットに挑戦するときは失敗が重荷になっているので、それまで以上の決断のエネルギーが必要になってしまいます。

脂肪が落ちない、停滞期などは誰もが経験する事

はじめにも話しましたが、ダイエットをしているとどんなに理想的な食事や運動を続けていても体重が減らない、いわゆる停滞期は誰にでもあるものなんです。

なので、決して何で自分だけ痩せられないんだろう…。と落ち込む必要はありませんよ。

【ダイエットで体重が減らなくなった停滞期に本気で試したい3つの方法】

 

自分の消費カロリーと摂取カロリーを把握しよう

 

絶望感から立ち直るためにまずは自分がやってきたダイエット方法を見直してみましょう。

あなたの体重と脂肪が減らないのは単純に「消費カロリーより摂取カロリーが多い可能性が高い」です。

まずはそれらを把握することから始めましょう。

 

1日の消費カロリー計算方法

あなたは自分が1日に消費するカロリー量をちゃんと把握していますか?

平均的な身長や体重であれば予想しやすいですが、ここでいまいちど計算しておきましょう。

といってもここで計算式を出して計算してもらうのは面倒ですよね?

このサイト「ダイエット運動消費カロリー計算」で体重と年齢を入れるだけで自分の「基礎代謝と生活強度によって変わる活動代謝の合計」を簡単に調べることができます。

 

計算してみましたか?思ったより多かったですか?少なかったですか?

どっちにしても計算した自分の消費カロリーより200〜300kcal少ない食事をこれから続けてみましょう。

そのくらいが1ヶ月に1キロ脂肪を落とすことができる「長期的にダイエットを続けやすい基準」となります。

 

炭水化物、脂質、タンパク質のバランスも大事

まずは一番大事なカロリーの話をしましたが、次は何を食べてカロリーを摂取するか?という2番目に大事な話です。

簡単に説明すると、食事で摂る「炭水化物、脂質、タンパク質のバランス」が非常に大切です。

 

そして特に大事なのはタンパク質の量です。

ダイエットを始めると「炭水化物と脂質は控えめにした方がいい」というイメージは持ってもらいやすいですが、だいたい皆さんタンパク質が不足しがちです。

卵、豆腐、大豆、肉、魚などから最低でも自分の体重×1グラム以上のタンパク質を摂るようにしましょう。

体重が60キロだったとしたら1日にタンパク質60グラムを摂ってください。

【運動無しでもダイエットに本気でやせたいなら食事管理の勉強がおすすめ】

 

定期的な運動をやってないなら週2回のウォーキングから始めてみよう

 

ダイエットの成果を決めるのはほとんどが食事内容ですが、運動ももちろん大事です。

あなたがいま運動の習慣が無いとしたら「週に2回×30分の何かしらの運動」を日常生活に取り入れることをオススメします。

できればウォーキング、ジョギングなどがどこでもできて続けやすい運動なので良い選択ですね。

ただ、やり過ぎには注意してください。30分以上の運動を続けてもカロリー消費量は増えますが、それ以上に疲労がたまり、もちろんですがお腹も空きます。

ダイエットのための有酸素運動は1日に30分がベストだと考えてください。

 

 

まとめ
いかがでしたか?

ダイエットがうまくいかなくて絶望する事はみんな言わないけど誰でもあることです。
なのでヤケになって辞めるのは非常にもったいないですよ。

自分の消費カロリーに対する正しい食事を守っていれば長期的にダイエットに成功します。
すぐに痩せようとせず、少しずつ頑張っていきましょう。