たんぱく質ダイエット

ダイエットに有酸素運動は必須?本気で痩せるには食事習慣の見直しから始めよう

 

本気で痩せると決めたあなた!その決意は素晴らしいです!

 

でも食事内容は変えたくないから有酸素運動でダイエットしようと考えていませんか?

 

確かに有酸素運動はダイエットに有効な方法です。

しかし、有酸素運動だけでダイエットを進めようとするのはもったいないと感じます。

 

なぜならダイエットに有酸素運動は必須ではないからです!

 

これからその理由を説明していきます。

 

有酸素運動で消費するカロリーは意外と少ない

 

運動で痩せようと考えた時に始める人が多いのが、街中や公園などでウォーキングしたりジムでのランニングやジョギングです。

 

これらの種目は手軽にできる有酸素運動のひとつとして一般的に知られていますね。

カロリー消費効果だけではなく、血行が良くなったり、汗をかくことでデトックス効果も期待できます。

 

しかし、どのくらいの時間と距離を歩いたり走ったりする事で何キロカロリー消費するのか?くらいは知っておかないと、本気でダイエットするにはちょっと心配です。

 

例えばジムのランニングマシンで30分走り続けた場合、速度にもよりますが、だいたい100〜200kcalのカロリー消費となります。

ランニングでこのくらいなのでウォーキングではこの半分くらいの数字になります。

 

一生懸命走ってもコンビニのおにぎり約1個分です。

 

ハード目な運動をするとそれだけお腹も空きますから、食欲も抑えないとダイエットには効果がありません。

 

これを毎日続けるくらいの気合があればまだいいですが、これを週に3回程度だと1週間に消費する全体のカロリーからみたら微々たるものになってしまいます。

 

 

ダイエットは運動1割、食事9割!?

 

前章で書いたように運動だけで痩せようとしても、なかなか上手くいかない事がわかりますね。

 

ダイエットに必要なのは要素は運動が1割、食事が9割だと断言します。

 

運動に焦点を当てるよりも、食事習慣の改善に力を入れましょう。

その方が楽に、確実に痩せられます。

 

でも、運動だけで痩せられた人っていっぱいいるんじゃなの?と思ったかもしれません。

 

テレビや雑誌の広告で運動によるダイエットがよく推奨されています。

それはトレーニングウェアやグッズを売るためだったり、高いパーソナルトレーナーを申し込んで欲しいという企業のマーケティングのためのセールストークの場合もあります。

 

「結局ダイエットに重要なのは日々の食事だ」という事実が広まってしまうと、儲かる企業が少なくなってしまいます。

 

ダイエットでもなんでも情報の裏を考えるようにしましょう。

 

 

本気のダイエットに有効な食事習慣

 

少し話が逸れてしまいましたが、結局食事でダイエットするには何をどのくらい食べればいいの?

というところですが、次の3択のうちどれが、ダイエットに有効な食事の例か分かりますか?

・いかにもヘルシーそうな野菜中心の食事

・豆腐や魚、肉を主菜としたタンパク質中心の食事

・お米やパンをメインにした食事

 

これは簡単ですよね?

「豆腐や魚、肉を主菜としたタンパク質中心の食事」です。

 

お米やパンがメインの食事は炭水化物のとりすぎで論外ですが、

「野菜中心の食事」は何がいけないのか分かりますか?

野菜中心の、例えば「野菜サラダとパスタ」のようにいかにもヘルシーなメニューは圧倒的にタンパク質が足りていません。

 

一般的な30歳の女性が一日に必要なタンパク質は50〜60gとされています。

「野菜サラダとパスタ」のようなメニューを選択し続けると一日のタンパク質量は25g程度に収まってしまいます。

ダイエット時にタンパク質が不足すると脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまうため代謝が落ちてリバウンドしやすい体質が出来上がってしまいます。

さらに、タンパク質が不足すると内臓の機能がうまく働かず様々な体に悪影響を引き起こします。

なので、絶対に減量時は「豆腐や魚、肉を主菜としたタンパク質中心の食事」を意識して、一日のタンパク質量50〜60g以上は取るようにしましょう。

 

また、消費カロリーと摂取カロリーの話も重要です!

詳しくはこちらをどうぞ↓

【痩せるための食事とカロリーの管理方法】

 

 

まとめ

いかがでしたか?有酸素運動だけでダイエットに成功するのは非常に難しいことなんですよ。

運動をするなとは言いません。

食事の内容を見直すほうがダイエットには効果的ということをぜひ覚えておいてください。