やせるためのマインド

ダイエットで食事をガマンすると過食の衝動が出てしまうクセを本気で直したい

 

ダイエットを頑張っている女性に多いのが、食事を減らしてガマンすると過食衝動が出てきてしまい、食べるのが止まらなくなってしまう。という症状です。

自分の中でダメだと分かっているのに、衝動が抑えられず食べること以外の事を考えられなくなる。

また、過食が常態化してくると、今度は過食嘔吐が始まってしまう人も出てきます。

「こんなクセ早く直したいのにどうしたらいいの?」

今回はそういった、「本気でダイエットしたいのに過食症状が出てしまう女性」のためのアドバイスをしたいと思います。

 

過食するのはあなたの意志が弱いせいじゃない

 

まず、知っておいて欲しいのが、過食してしまうのは「あなたの意志が弱くて衝動を抑えられないのでは無い」という事です。

過食は摂食障害という病気です。

気持ちの問題だと考えるのは間違っているのです。

痩せるためにカロリー制限しないといけないのに、つい過食衝動を抑えられず、食べ過ぎてしまう自分を責めるのはやめましょう。

 

ガマンすればするほど逆効果

過食したい衝動をガマンすることができればこの摂食障害も治すことができるんじゃ無いか?と考えてガマンして気持ちを抑えようとする女性が非常に多くいます。

しかし、過食衝動が一度出てしまったら、もうガマンしても逆効果になるだけです。

そのあとでより強い衝動と戦わなくてはいけなくなります。

【ヤケ喰いドカ食いを防ぐ方法と習慣を身に付けるには?】

 

摂食障害は難病で、病院での治療が必要

 

過食は気持ちの問題だと考えて、自分の気持ちのコントロールで直そうとする女性が多いです。

しかし、摂食障害というのは「中枢性摂食異常症」という病気で難病とされています。

厚生労働省が対象としている難治性疾患(難病)は130あります。

 

その中でこの中枢性摂食異常症だけが精神疾患で、あとの129の病気は身体の病気です。

いかに、この摂食障害が精神疾患のなかでも治すことが困難で大変な病気かが分かると思います。

自分の気持ちのコントロールだけでなんとかなる問題ではないんです。

 

精神科や心療内科で診てもらう

まずは勇気を持って病院に行きましょう。ダイエットはその後でもなんとかなります。

精神科や心療内科では摂食障害を診てくれる専門の先生がいます。

摂食障害は他にもうつ病や不安障害などを一緒に発症している場合が多いので必ずちゃんと専門医に診てもらってください。

 

過食衝動を無くすには?

 

ここまで重度の摂食障害がある人を対象として話してきましたが、軽度の過食の場合は自分の行動を少し工夫するだけでも過食衝動を抑えることができます。

食べ物のことを考えないような工夫をする

過食をなくすためには「過食衝動を無くす」という工夫が必要です。

過食衝動が起きる一番のけっかけは「自分の手の届く所や、目の前に食べ物がある」というパターンです。

これは特に過食症状が無い人でも同じですよね?

この状況を無くすには、まずは家の中に「すぐに食べられるものを置かない」という意識を持ってください。

 

そして、家の中に食べ物を置かないためには「コンビニやスーパーで過食の原因となる食べ物を買わない」という行動が大事です。

そもそもコンビニに入ってしまうとお菓子やデザートが嫌でも目に入ってしまうので、できればコンビニやスーパーに入る機会を減らす工夫をしてみましょう。

【チョコレートやスナック菓子が辞められない人はどうすればいいの?】

 

 

まとめ

いかがでしたか?

過食の症状がまだ軽いうちはまだ行動の工夫によって衝動を抑えるためのコントロールが効くのですが、ダイエットを始めると必ず過食衝動が出てきてしまうという人は、ダイエットして痩せることよりもまずは病気で診てもらうことが先決です。