やせる筋トレ

お腹の脂肪を落としたくて本気でダイエットに挑戦したい!腹筋でお腹は凹む?

 

最近お腹周りのお肉が気になってきた…。

私ってこんなに太ってたっけ…!?

よし、腹筋を鍛えてお腹の脂肪を燃焼させよう!

 

ちょっと待ってください!

お腹周りの脂肪を減らすために筋トレで腹筋を鍛えるのは実はそんなに効果がありません。

 

お腹まわりに限らず、二の腕などの部分痩せのために部分的なトレーニングをする方法が一般的に浸透していますが、本当に効果があるかは疑問符がついてしまいます。

なぜお腹の脂肪だけ落とすのは難しいのでしょうか?

 

筋トレで腹筋をつけてもお腹の脂肪はそのまま

 

人間の身体の脂肪はほとんどが皮下脂肪です。

そして皮下脂肪はすべて、筋肉の外側につくようになっています。

 

脂肪と筋肉は混ざり合って同化しているようなイメージを持っている人がよくいますね?

しかし、脂肪と筋肉は完全に分離しています。

なので、腹筋を鍛えると脂肪もいっしょに引き締まるようなイメージを持っている人はそのイメージを一旦捨てましょう。

 

お相撲さんは外見は大きな脂肪に包まれていますが、その内側はものすごい鍛え抜かれた外からは見えない強靭な筋肉を持っています。

それほど強い筋肉がある力士でも脂肪がついているとただ太っている人と見た目が変わらないのです。

 

腹筋をつける事とお腹の脂肪を減らす事はあまり関係が無いという話をしてきたましたが、腹筋を強くする利点に「姿勢が良くなってお腹が凹んでるように見える」というのはあります。

全く無意味というわけでは無いのでショックを受ける必要はありませんよ。

 

お腹周りの脂肪だけ落として部分痩せするのは難しい

 

前章で、いくら腹筋をつけてもお腹だけ脂肪が少ない状態を作るのはほぼ不可能だ、という事は話をしてきました。

その理由は「人間の脂肪は全身に満遍なくつくように設計されている」からです。

 

つまり、お腹の脂肪を落としたいなら「身体全体の脂肪を少しずつ減らして行くしかない」という身もふたもない結論になってしまいます。

 

もちろん裏ワザとして脂肪吸引などの方法はありますが、お金もかかりますし一般人には難しいですよね。

「ダイエットは急がば回れ」です。

お腹のお肉が気になっている人は、二の腕や太もも、ふくらはぎの脂肪も気になっているはずです。

部分痩せを狙うより、それらの全身の脂肪を減らす目標を立てた方がダイエットのモチベーションを保つことができますよ。

 

【ダイエットのモチベーションを長く継続するコツ】

筋トレするなら太ももなど大きい筋肉を動かした方が効果的

 

腹筋の筋トレではお腹は凹まない事は説明してきました。

それでは腹筋以外の筋トレもダイエットに効果がないのでしょうか?

いいえ、筋トレ自体は痩せるためには非常に効果的です。

特に筋トレ初心者は「大きい筋肉」を鍛えるのが効果が大きい。という事を覚えておいてください。

 

人の全身の筋肉量の7割が下半身に集中していることを知っていますか?

その中でも太ももが一番大きな筋肉です。

この、大きい筋肉を優先して鍛えることで、それに伴う消費カロリーも大きくなり、トレーニング後の代謝もしばらくの間上昇することがわかっています。

 

太もものトレーニングの王道はなんといっても「スクワット」です。このスクワットをトレーニングのメインに置きましょう。

でもただでさえ太い脚をトレーニングするともっと太くなっちゃうんじゃないの?と思うかも知れませんが、

女性は食事の量を増やす事なく筋肉量が増えることは無いので安心して筋トレしてください。

こちらの記事もダイエットの参考になります↓

【ダイエットするのに有酸素運動は効果的?】

 

まとめ

·お腹の脂肪を落とすために腹筋を付けてもその上にある脂肪はそのまま。

·お腹だけを部分痩せさせる事はほぼ不可能。

·ダイエットのために筋トレするならまずはスクワットなどで下半身の大きな筋肉を動かそう。